上金剛山。


f0236201_07445538.jpg
もうすぐ、ここに住んで一ヵ月になるんだなって、なんだか、しみじみ思いながらカーテンを開けた朝。
なんと!そとが、霧で真っ白。

数日前、たまたま通りがかった道すがら見つけた、『上金剛山公園』の看板。
例よって?もちろん、車で、上がってみる。
予想以上の眺めのその場所には、やっぱり!
ヒグマの生息地。があるのも調べて気を付けるのも普通のこと。
味を占めてしまった私は、ウズウズして、主人に頼み込んだのでした。

『すみません!起きてください!、金剛山に行きたいです!お願いします!』

主人も、そこからの眺めには、ご満悦だったので、
はい!きた!どっこい!と、用意を済ませ、いそいそと出かけたのでありました。

案の定、山頂は、真っ白世界からひとつ突き抜けた青空!
でも、まだ日が昇り切れてない・・・待つ・・・ひたすら待つ。
少しずつ太陽の輪郭がはっきりしてくる・・・その瞬間、拝む・・・・・拝み倒す?・・・・・
八百万の神様ー!!!
ちょっとした雲海も見れるかななんて、新参者の思うことなど、ありえませんが、
だけど、とっても、とっても、幻想的で、ひたすら拝み続けてしまったのでありました。


いまは、雪が積もってしまったので、行けない場所。
でも、冬の星空、最高!って思える場所。
夏もきっと、最高に違いない!ちょっとした展望台まである!
ただ、ヒグマさんたちの巣があるから、時々、入山禁止も当たり前として。
夏の夜空、上金剛山から見たら、絶対最高!って思っているのでした。


雪が積もっちゃって行けない場所ができちゃったけど。それでも、また来年には見れることだし。
まだまだ夢半ば!
まだ、夢の地への仮住い。







しかし、きのう本当に、雪の質もいろいろあるもんだと、思い出したかのように、
しみじーーーーーーーーみ。
冬なのに、春雪みたいな、、、ビシャビシャ雪で、すんごいことになって・・・
だから、融けてしまうのでしょうけど。
今の雪は、雪遊びに適しておりません。
びしょ濡れの恥ずかしついでに、ひとつ勉強になりました(笑)
あぁ・・いかん!です。








[PR]
by iroha525 | 2014-11-16 07:30 | おでかけ

黄金水松。

f0236201_07284823.jpg
水松って・・・何松?

とスットコドッコイなことを思いながら、行ってみたら、

巨大な、『いちい』の樹だった。

というか、また、目の前で固まってしまった・・・この姿。


御年1700歳越え。

もうもう、もう、わーーーっ!としか、言いようがない。

さすがに、入れないように柵があるから触れなかったけれど、

まわりには、この樹の子どもたちらしい木々がたくさんあり、

その子どもたちにぶつぶつ言いながら両掌をくっつけさせてもらったのでした。

感謝。

『三本ナラ』に続き、『黄金水松』

なんだか、プルプルしちゃって、とにかく、この樹の周りを何周したことでしょ。

f0236201_07382411.jpg

とにかく、言葉がでないくって、ひたすら、ぐるぐるこの樹の周りを歩いたのでありました。


ぷるぷるって鳥肌が立つ理由が、ちゃんと書いてありました。

なるほどです。


f0236201_07532326.jpg





[PR]
by iroha525 | 2014-11-15 07:30 | おでかけ

三本ナラ。

f0236201_06215298.jpg

三本のミズナラが立っておりました。

手を合わせ両掌をくっつけさせていただきました。

・・・・・感謝。


開拓の際、切られるのを免れたミズナラの樹。

御年422歳越えているらしく、

ここでもまた、保護されている大樹。

だから触れることができたのだけど。

やっぱり、痛々しいくて、涙がでてくる。

そして、足元を見れば、

ここでもまた、大量の、どんぐり。

今年は、本当に、どんぐりが大豊作の年らしい。

本当に、どれだけ、木は樹で、気なんだろう。


・・・・・ごめんなさいね。

でも、また、逢いに来させてくださいね。

お願いします。

と言ってきたのでした。












and then
[PR]
by iroha525 | 2014-11-14 06:20 | おでかけ

f0236201_08503815.jpg
ガガイッモの種を運ぶ、ハフュトリオ。
どんぶらこっこ~どんぶらこっこ~
ではないくってぇー!

ほぉ~わ♪ほほぉ~わ♪のリズムに合わせて空中遊泳状態。
ガガイッモの鞘は、すっかりカヌーとなり、
トリオがしっかり乗れるピッタリサイズ!
そのハマリ具合での、トリオの会話・・・

スプラウト・ハフュッフェン(真ん中コ)、ちょっと緊張気味に

『こんなにピッタリすぎって、アリエルアルノ?』

とボソッとつぶやく。

その呟きに、アンテナ・ハフュッフェン(左コ)は、

『僕の直感、間違いないものは、間違いないのだー!』

と言いかえす。

すると最後に、モヒカン・ハフュッフェン(右コ)が、

『グダグダ言わず、進むのだー!』

とな。

なんとも頼もしい、ハフュッフェン・トッリオ!

さすが、先に部屋の中に入り、家を守ってくれていただけはある!



それにしても、この頼もしさとこのかわいさの、ギャップの面白さよ!

最高♪


こうして、想像からの妄想旅は続くのであります・・・

たぶん!(笑)









[PR]
by iroha525 | 2014-11-13 09:02 | 室内っこ

多彩な三色。

f0236201_15100776.jpg
この中に、いったい何種類の色があるんだろう。



日本は、たくさんの色があると思ってたけれど、それも誇りなのだろうけれど。

その色は、そもそもどこから始まって、なにから始まったの?

どこからが色の始まりで、どこからが色の終わりなの?


宇宙には、それこそ宇宙規模の色の種類があるらしい。。。


私利私欲に利用するための複雑化させる素朴さではなく、

自然の色ということにおいて、

もっと見たいし、知りたい。

もちろん、

ちょっと、お邪魔させてくださいな。と

オコトワリヲしてから

ありがとう。ってお礼を言いながら。







『もう一度、マワリを見て、見なさい。』

最近、頭の中に流れてくる声。。。

植物に触って喜んでいると聞こえてくる声。。。








[PR]
by iroha525 | 2014-11-12 11:11 | 気持ち















[PR]
by iroha525 | 2014-11-11 23:23 | 気持ち

ちっぽけ。

f0236201_15084135.jpg


青空と畑と土手。





雪が降り積もるまでの風景を殺風景と思えないのは、

どう見ても、山なのに『丘』と言い切ってしまってるから。

自分がどれだけちっぽけかと実感した瞬間、

身悶えするほど痛くて息ができなくなる。

蝦夷国・・・











[PR]
by iroha525 | 2014-11-11 15:15 | 気持ち

ガガイッモ。

f0236201_07181160.jpg
なんで、どーして、今まで、見たことがなかったのか。

ガガイモ!の綿毛!!!

ちょっと調べたら、この綿毛、朱肉の材料に使われていたらしく・・・

かなり感動していたのだけど。

ついに、その名前の由来となっている鞘を発見&採取!したら、

なんと友だちが、スプラウト・ハフュッフェンくん(真ん中コ)のハンコを作ってくれていた!



ハンコ といったら シュニク でしょ?



と出てきてしまったものだから、見よう見まねの朱肉を作りたくなってしまった!

なので、また、採取に行こうと思っていたら、雨降り続きー・・・

んがー!

と、うなってしまうのだけども、

自然のもので、自分の好きな色の朱肉が作れたら、最高でないの♪って。

そんなことを思っていたら、

『土から出でるもの、土に還る・・・』

ある人の言葉が蘇ってきた。


コツコツと採取し続けようと思います。

ちなみに、知り合いの土地なので、許可を取っております^^





それにしても、このほわほわ・・・たまりません!

綿毛&ハフュ・トリオ








[PR]
by iroha525 | 2014-11-11 05:25 | 気持ち

はなコの正体。(追記)

f0236201_10034349.jpg
この色は、なんでましょーーーーーーーーーーーーー!
んまぁあー!いい色で咲いてることーーーー!
あなたは、なにノギクこ?
もーーーーーーーーう!?!?!?

『ネバリノギク』というらしい、ザンネンながら、北アメリカからきたコ。
ネバネバスルカラこんな名前がついたらしい。触って確かめるの忘れてた!!!もう!!!
(次回は、蝦夷ノコンギクを見つけねば!!!もうちょっと雪が降るの待ってくれますように!?!?!?)
f0236201_10052645.jpg
一瞬、園芸品種?と思いきや、そうでもなさそう?
とにかく、野生化している園芸品種を見かけるので、あなたも?と疑ってしまう。。。
車で走っていると、道路沿いの土手一面に、このノギクこが、満開で咲いていた先月下旬。

今は、すっかり雪が降ったりしてる名残りの時期だけど。
とにかく、この色に一目ぼれ。
うぅ~ん♪

頭上をおっきな声のプリップリカラスがフェイントをかける如く羽音を立てて飛んで行ったとしても。
カラスの君たちよ、頼むから!邪魔しないでおくなまし!
と一喝し、ウナリまくりカタマリまくる。。。





f0236201_10130648.jpg
懐かしのコーンフリー見っつけたー。
昔、この花を、よく、チューチューしていた。。。ほんのり甘い蜜の味が蘇る・・・けど、来年ね♪って。
祖母が植えていた・・・土を良くする大事大事の葉っぱは、てんぷらにしてもおいしかったっけ。
大事大事のコーンフリー。約40年ぶりの再会!?!?!?ひょー!

f0236201_10131323.jpg
これから、本気のメーター級の雪に埋もれるというのに、先走りコさんよ。
あなたも春の花。来春も待ってるよー。とな。


f0236201_10132577.jpg
たんぽぽこ。の花色は、本当に元気をくれる・・・
その花びらの繊細さと美しさにも、やっぱり何度でも固まるのだけど。
別れ際には、くんくん。も欠かさない。たんぽぽの花の匂いも好き。

f0236201_10133680.jpg
人が、ふぅー!と吹くのではなく、風に吹かれるのを待つのも好き。
そのための綿毛だもんね・・・たんぽぽこさんよ。







f0236201_10134860.jpg
・・・この橋。

どーしても、初めて見た去年から、一度やってみたかったという。。。
道路の真ん中で、なにしとん!

人がいないから・・・
車も、ほとんど通らないから
お昼の時間帯・・・もしくは、夜の夜中の時間帯・・・
一回だけ。お許しをーーー!
と、土地も人の心も広々な環境だからこそ。
ど真ん中の白線のところに立って、いまだ!と撮ったのでありました。
主人には、こっぴどく叱られたけど。
たのしかったー!


ということで、探険&散歩&植物観察でありました。









[PR]
by iroha525 | 2014-11-08 10:41 | 気持ち

f0236201_10210909.jpg
風に乗って大きな綿毛が飛んでくる

・・・のを見つけた瞬間、追いかけていたという。



f0236201_10212254.jpg
ほわほわ綿毛!!!なでなで、すりすり。

”ガガイモ”のタネでありました。

f0236201_10371163.jpg
綿毛が広がる前の状態。
この種の大きさ5mmくらいあって大きめ。ほわほわ部分がちっさな筆みたい。
このほわほわ綿毛のさわり心地ったら、最高。
あ。よく見れば、イネ科のタネも発見♪ススキかな?

f0236201_10381477.jpg

おっきなアザミさん。この大きさ、ちょっとだけ御殿場口の五合目にいるアザミと似てる!元気かな・・・フジアザミ。
このアザミは、『千島アザミ』というそうな♪
f0236201_10341806.jpg
かと思えば、こんな韮のたねコたちも。

f0236201_10390564.jpg
北海道では、どこにでもいる?ノラニンジン。
f0236201_10392268.jpg
はい。
ゲンノショウコ。
この葉っぱの色の素敵さったらー♪
何回見ても、大好き!日本のゲラニウム代表♪♪♪
北海道のゲンノショウコも、花色は、白!でした^^

それから、『ヤロウ』こと、西洋ノコギリソウたちも野生化してたー。
風邪の季節にヤロウティー!?!?

結局、種を見つけたりしながら二時間位歩きまくってしまったー。
植物、触りたい放題!
種、見つけたい放題!
見つけるやいなや、その場に固まり、うなりたい放題!


f0236201_10304873.jpg
そらち川の・・・
二本ある橋のうちの一つ、吊り橋の上から。

散歩コースが決まりつつあるなか・・・空を眺めて手を合わせたのでした。







[PR]
by iroha525 | 2014-11-07 10:45 | おでかけ