がらんどう。

f0236201_8262182.jpg


ひとつ手放すごとに、大きくなる・・・

久しぶりに、がらんどう。という言葉が出てきたよ。

・・・・・ますますガランドウ。

また新しい種が蒔ける幸せの時間を想像しながら

ますますガランドウになる時間、楽しもう。

今度こそ、地球に根っこを張らせてあげると約束したのだから。

一番最初に、何の種を蒔こう。。。



6月が終わるー








**********

アメリカ に食品安全近代化法というとんでもない法律がある
野菜直売所は禁止種苗は政府が認めた種苗だけ
これまた公認の機関からしか買うことができない
自分で育てた種や苗を使うと違法家庭菜園も禁止違反すると犯罪者として逮捕される







[PR]
by iroha525 | 2014-06-30 08:17 | 気持ち

葉の符


f0236201_0265267.jpg
ある奥地に住む先住民の女性は、その体内で育てた命を産み落としたその時のその後に。
森の神様にかえすか、みんなで育てるかどうかを決めるそうです。

決して命を軽視しているのではなく、月と重なり対話するように母となれば決めるというのです。森の神様にかえすというその行動は、女性に与えられた特権からなる聖域で、先祖代々幼いころから男女ともに学んでいくのだそうです。
男性は近づくことさえ許されないという、その場所のことも。


地球に間借りさせてもらっている生き物としての幸せは、それぞれの心が決めるにしても、自分なりの種を蒔き育てさせてもらいながら生き抜きたいものです。
・・・地球から見れば砂ひと粒にもならないそれと同じようで、別物の、目に見えなくて無味無臭の粒子になって地球を何周するのかわからないまま風に舞って乗って飛び続け雨にくっつけてもらうことで、やっと土に降りて帰れるひと粒として。
こんなことを考えることさえ遮ろうとする日々大きくなる不穏狂乱音の中に居てもなお、植物たちのほんの少しの栄養として見なされ吸い上げてもらい、いつか、葉っぱのいちぶとなれたら本望です。

どんなに・・・・・・学が進んでも、”葉っぱ一枚さえつくることができない人間”という言葉が頭の中で声になって繰り返し流れています。














[PR]
by iroha525 | 2014-06-26 15:05 | 気持ち

ひさかたぶりの。

f0236201_04531178.jpg
ひさかたぶりの、眠らないで終わった夜でした。
恐竜の飼育の仕方の本の二回目を読み始めたのと、
まだ一回目の、アイヌの最後のクマ打ちさんの本を読んでいたのでした。
三時半を過ぎたころ、カーテンの隙間から光が抜け出してきて
夜が明けてきた!と、ちょっと喜んでしまいました。
あと四日で新月になるんですね。。。





・・・ベランダに出ると、
松本センノウの蕾がほころび始めていて

f0236201_05015814.jpg
この形もまた、誰に教わるでもなく、自らそうなってきたのですよね。
植物・・・
原種・・・












[PR]
by iroha525 | 2014-06-23 04:50 | ベランダっこ

日米原子力協定。






http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/nichibeigenshiryokukyoutei-twitter-Facebook.html




ある師に言われた言葉が、頭に浮かぶ。
結局、これなんだ。これなんだよ。
って。





[PR]
by iroha525 | 2014-06-23 00:30 | 気持ち

f0236201_07522708.jpg
テリハノイバラが咲きだしました。
うちのバラの季節は、ここでは、おしまいです。

ずっとそばにいて、いっぱい教えてもらえたから。
その教えを無駄にしないよう、責任を果たします。
わたしは、わたしの責任をとると約束したから。

今も続く…
私の右耳の奥のほうから響いてくる機械の音…
本当は要らないはずの、この機械の音の
その元凶キカイが、のうのうと、偉そうに
見え透いたカワルガワル嘘を続ける…
ときに本音が漏れたなら、同じ人間が発するとは想像できない言葉の連続。
あのひとたちは、キカイなんだろうなと。
ある伝統の縁の下の力持ちである機械屋さんに失礼なので、
あえて、キカイと書かせていただきながら、
何度も頭の中で、キカイ。と繰り返す、、、
この、悔しさ。
忘れないためにも。
いっぱいお礼を言いながら、
てりはのいばらと仕舞います。


[PR]
by iroha525 | 2014-06-21 15:55 | ベランダっこ

くるんくるんツール。

http://www.minpo.jp/news/detail/2014041515120
除染の勉強会設立へ。






金目でしょ。

って・・・

ずーーーーーーーーーーーーっとなので、今更です。

私利私欲のためなら危険猛毒の基準さえ

知ったことかのコンコンコンチキバケモノケダモノ物質くるんツールの怪の会。

煮えくり返りすぎてとろけるほどの。。。

怪奇現象連鎖から連続なる暴走ツールの会がまたひとつ。


問題発言、問題行動しても、何度でも生き返られて、幸せゾンビですこと。

一方では、レベル付けられ、挙句の果てに隔離されるという…この差。

あの方たちこそ、フクイチに隔離していただきたいわっ。



ぐるんぐれんぐるん。








[PR]
by iroha525 | 2014-06-18 11:22 | 気持ち

f0236201_09042445.jpg

じゃーん!
今月の1日に生まれた”あげはコ”が、こんなにおっきくなりました。

しかも、最初は5匹と思ってたのに、今は、7匹!
さらに、この写真を撮って気づいてしまった、、、ぁあ!また卵みっけ!
本当は、7匹全員載せたいのですが(写真は撮った)とりあえず一枚に。
この隣のほうでは、シャリシャリパリパリと音を立て一心不乱に食事中のコがいます。
何度も地震が来ようが、利権お金もうけ一斉なんちゃって清掃、、、
高圧移染機から霧が舞い上がろうが、
生きてます!汚れていてもモリモリ食べてます!どんどん育ってます!
おかげで、グレープフルーツの葉っぱは、日に日にごりんごりん。
さらに、ベランダの床は、〇ンだらけ~のけっ♪
箒で掃いて、ナンチャッテ肥料?とばかりに鉢の土に戻します。。。

もうちょっとおっきくなったら、オレンジ色の威嚇触角時期も楽しみ♪


さて・・・
f0236201_09190196.jpg
クレマチスの篭口です。
おちょぼ口型・・・ではなく、ベル型の花が咲きます。
今年も、季節外れのスミレの香りを漂わせてくれています。ありがたいー。
この花色も香りもそれから、秋の葉っぱの紅葉も大好きです。
母が気に入ってるので、実家に行く予定です。
・・・また、モンタナのようにジャングル仕立てにされるかもしれないですが。
うちから行くクレマチスは、実家で大概モジャモジャジャングル仕立てになります。
モンタナは、それが結構良くって?小山になって咲くので、よし。なのですけどね。
んんん・・・・・

うちだけでも、福島県から出さない。と決めています。




f0236201_09303591.jpg
グラウルブルよしの(ロサ・グラウカ)の実がまん丸になってきました。
実の色も独特です。
ちょっと綿毛のお飾りもつけて、さすがです。
薔薇大図鑑で知って以来、ずっと憧れてた原種バラを
目の前で見れるようになり、ますますうっとりしては
嬉しくてお礼を言い続けています。
そして、、、まだ、真夏にもなってないけれど、すでに想像するは秋。
この葉っぱの紅葉も本当に美しいんです。



そして、シュートからの開花が始まったエルモサ。


f0236201_09353015.jpg
一季咲きのテリハノイバラが咲きだす前に、エルモサが咲きだしました。
本当に、このチャイナ系の花付きの良さには、歓心させられっぱなしです。
このコも実家に行く予定です。
父の強剪定にもしぶとくついていくと信じて・・・。


一季咲き、四季咲き、返り咲き。それぞれの耐寒気温など調べれば調べるほど
これほど”嬉しい!楽しい!が終わらない”ことって、私には次が思い浮かびません。
その種類からしても、一生かかわっていきたい植物たちです。
原種ばら、そして、オールドローズ。。。。。そして、蝦夷が付く種を蒔きたい!
今はまだ、頭の中にある庭を
現実にすべく信念からの妄想猛進を続けます。


今週もはじまりました。
今週も、、、
今日も、すべきことをしようと思います。





[PR]
by iroha525 | 2014-06-16 10:25 | ベランダっこ

f0236201_09182041.jpg
北半球を、地球を、もう何周したんだろう・・・
止めることができないバケモノケダモノ物質。
過去、隠蔽したものを合わせたら・・・
日本中に貯蔵してあるバケモノケダモノ物質。

あの爆発の音、雲の形、、、。

ヒロシマ型の原爆の、本当は、何倍か、知っていますか?



何をどう言おうと、危険で猛毒に変わりない。


きのうは、時々雲に隠れながらも満月が見れました。
あのナンチャッテ人たちに、呪いをかけたいくらいだけど、
呪いをかけるくらいでは収まらないし、治まりきれないけれど。
そうしたところで、何も変わらないですから。

・・・いろんな思いをさせてもらってるおかげで、
自分で調べ、考え、また調べる。と繰り返すようになったこと、
雲から出てきたお月さまに、お礼を言いました。
そして、
半歩でも前に!必ず進むと自分に言い聞かせ
ひたすら、ルドラクシャのブレスレットを月にかざし、
月光浴しながら念じ唱えました。

時々、置き場のない・・・恐怖と怒りで、、、落ち込んだりしますが、
それすら、それこそ!生きれてる証拠ですしね。



ぐるんぐれんぐるん。





ふぅ・・・今朝も、目が覚めたー!!!

生きてることに感謝。




[PR]
by iroha525 | 2014-06-14 07:00 | 気持ち

いざよいの。

f0236201_08243941.jpg
躊躇うことなどなく自分の時間で咲き進む順番が来た十六夜バラは、
あんまりの暑さで、とにかく咲かねばという感じです。

f0236201_08440848.jpg
あっという間に開き切った花びらは、いつものように百枚をこえていて。
f0236201_08275433.jpg
一気に土に返ろうとしそうで、毎日見ているこちらがハラハラ。
植物の時間は、どうするものでもないのが、嬉しいやら悲しいやら、やっぱり参ったやら。
私は一応そばにいるだけで、関係ないのと等しいかもしれません。
なのに、既に強い日差しで乾燥注意報も出ている空を見上げて、文句を言ってしまってから
予想以上に眩しく下を向くしかなく見ると、、、
花びらを散らしているのは、私だったのかーとっ。
まるでフリードリヒがいたころを繰り返さなくてもいいのに、繰り返すみたいに。
ほんの数か月前までは余裕で歩けた”なんちゃって通路”も、いまではジャングル化して歩くのが一苦労。
だけど、歩くのに苦労するほどだから嬉しさもぴかぴかに瞬いちゃえー!っと。

f0236201_08504851.jpg







f0236201_08425370.jpg
典雅(うちだけ)も、どんどん咲き進むなかで、
もうすぐ散るかもしれない花びらのその前の一枚を撮ってすぐ、
ちょっと触っただけなのにやっぱり本当に散るところを見たとき、
ここでも、花びらを散らすのは私かって。
それでも味わいのひとつとして、認めないと。





五月中旬から始まったバラたちの開花も残すは、テリハノイバラのみで、
そのテリハノイバラが少しずつ蕾をあげはじまったところには、すかさずアブラムシコも、
ここぞとばかりにきれいに整列・密集・集中しながら、お食事中。。。
そんなことを考えていたら順繰り順繰りが早まって見えて
感謝することを忘れてはいけないのに、、、
気ばかり焦ってしまいます。






[PR]
by iroha525 | 2014-06-02 08:57 | ベランダっこ

生まれた。

f0236201_08465355.jpg
ロサ・ムンディの匂いを確認しつつ・・・
うっとりしつつ・・・
頬ずりしつつ・・・

気になる場所へ

f0236201_08483982.jpg


生まれたねー!
ようこそ、つづくサバイバル生活へ。

ちょっと、葉っぱ食べてみた?どう?お腹いっぱい食べたくなる葉っぱだった?
まだ、マックーロ助だけど、それでも、、、1mmちょっとくらいあるのかな?
ほへ?触覚もちゃんとあるね^^うんうんん。
でも、あのおっきさになると、頭の中に隠しちゃうんだもんね。。。どして?
・・・・・。
これから、毎日、細胞分裂しまくりの成長してってね。
グレープフルーツには、焼酎消毒してないから、大丈夫と思うけど。
天敵は、いっぱいだもんね・・・

でも、

お願いだから、一回だけ、
オレンジ色の触角から威嚇なのに…
ご免ね…わたしには威嚇にならないーいい匂い、クンクンさせてね。
3回目の悪戯で、ココ危ない!って、いなくなっちゃうの分ってるから。一回だけね。

と、たっぷりぶつぶつ言っておきました。
ちゃんと刷り込み作戦できてるかな・・・
アゲハの遺伝子レベル・・・
野生の本能に対抗できるわけないけど。
ここから、無事に蛹までなるまでも大変。
さらに、蛹になったから安心と思いきや、そこにもしっかり、
なんとか”ハエ”に襲われる危険。

兎に角、6月いっぴ5匹、生まれました。








[PR]
by iroha525 | 2014-06-01 08:45 | ベランダっこ