<   2014年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

・・・無念


f0236201_08040850.jpg
 ものすごい覚悟でワクワクしながら北海道に行った理由は、
-20℃越えを体感できるものとばかり・・・思っていたから。
しかし、実際は、天候に恵まれ、なんとも、なんとも・・・。
北海道に住んでいる方に言わせれば、”日ごろの行いが良すぎだろう。。。”
って、そんなぁ・・・・・滞在中の最低気温の最高は-10℃くらいで終わる。

この写真は、除雪車が何度も通った後の一番すごいかな?という雪壁に
ハフュッフェン・シードくんを座らせたところ。
まだきれいな雪ならばその高さを!と。(生まれたての赤ちゃんの身長^^)
ところが、この後ハフュッフェンくんのお尻が雪の壁にくっついてしまって、、、
お尻が破けそうになるとは。。。一番、ドキドキしてしまった。
大体は、二階建ての家の一階部分は雪に埋もれているのが普通。
除雪しない畑や田んぼは、積雪が1m以上になってる。
何度か、そこめがけてダイブしようとしたけれど、次回に取っておく願掛けにしてしまう。



先週の今日、北海道へ飛ぶ時も、前回の荒れ模様は、なんだったの?というくらい晴天。
お天気のことは、お天道さましかわからない。というのかな。???
いずれにしても滞在した4日間は、すべて晴天。時折雪が降りてくるも陽射しが暖かい。

ほぼ無風の状態で、雪の結晶がそのままが空からゆっくり降りてくるのの美しい事。
真冬日は続いていたので、雪の結晶がよく見えて、さらに雪の結晶がなかなか消えない。
まぶしいのを我慢してまでも凝視してしまう。
f0236201_08171562.jpg
こんな短期間で、本物の寒さを味わいたい!と思うことからして、それこそ、我がまま?
でも、福島に戻ってきたら、-20℃超えしている現地。。。
ふぅーーーーーーーーーーーーーーーーー。次の冬こそ!!!

現地の方に、こんなもんじゃない。と何度も念を押されれば、押されるほど・・・。
その本物の猛吹雪に恐怖を味わうことが、生きてるということ。生きていくということ。
頭の中で、何度もこの言葉を飲み込みながら、頷き続けた時間。

わたしは、豪雪地帯で生きていく手段を教えてもらいに行ってきた。
まだ始まったばかり。まだまだまだ。これからこれから。
f0236201_08324964.jpg
帰りの飛行機からみた北海道。前回のときも、そうだったけど・・・
本気で涙が止まらなくなる時間・・・・・その意味は。








最後にこの写真を見ていただきたい。このための晴天だったと思う。

f0236201_08344520.jpg
これは、福島上空、いわき方面の宮城寄りの写真。
この現状を見なさい!と言うことなのだと。
あなたが今住んでいる場所から直線距離で60km離れた場所を見なさいと。

この写真の上の方、その先には、あの爆発をした福島第一原子力発電所がある。
今でも、この空に!ものすごい量の放射性物質を出し続けている。
もう3年になるから、北半球を何度回ったのだろう…大量の放射性物質・・・・・・。
それだけじゃない、海にも地中にも、ダダ漏れは続いている。

煙が出ているところは、火力発電所などがある証拠。
それと同時に、住んではいけない場所になってしまったところに、線引きをした。
この国のお偉いさんたちが、誤魔化し続けている証拠でもある。

過疎化の進んだところに目を付け、
原子力発電所を作るための補助金をだし、
これだけお金を出したのだから、することをしろ!と脅し続ける。
貧しさを利用し利用された、目先のお金にくらんだ結果だ。
福島だけではない。ほかの県にもあるはず。
自分たちの私利私欲のために、悪の循環をし続ける。
いまだに真綿で首を絞め続けている。
まさに●●削減目的だろう。

世界一汚染された土地。
私の一番の無念。
世界一の”何億年も終わらない負の遺産”が私の故郷。

明日は、わが身。


勘違いしてはいけない。と自分に言い聞かす。

死んだら、みんな一緒。
じゅんぐり命のひとつ。


https://www.youtube.com/watch?v=kvcIKANbQeE








[PR]
by iroha525 | 2014-02-28 09:00 | おでかけ

変わり者?

f0236201_10124214.jpg
今は、田圃に整地されたこの土地は、小さな沢が沢山流れていたという。
昔、アイヌの人々が住んでいたころも、確かに沢がたくさんあったんだろうなぁ。
苦労して耕した生きていくための地。
その両方を想像してみる。
とにかく想像してみる。
時代の流れを逆行するように想像してみる。

わたしが一目見て、ハッとした小さな山には、
今でも、クマの巣があることで有名らしい。
そのことを知ってしまってから、なんだか嬉しくて。
みんな怖いもの扱いするけれど・・・・・
キツネやシカのことだって・・・・・
更に今は、ペットで飼っていたアライグマが野生化し、
勢力を伸ばしているというけれど。
日本から、狼がいなくなってしまったことは、どこまでも。

観光地とは、
観光地から少し外れた地とは、
観光地は、何のために必要なのかな。

・・・・・歯がゆい。

頭の中に三島氏の本の内容が浮かんでくる。


こんなことを考える私は、すでに、ますます変わり者らしい♪うふふ♪






https://www.youtube.com/watch?v=eksV02us5DQ#t=139
https://www.youtube.com/watch?v=G7DnJayQlQk
https://www.youtube.com/watch?v=4NN2A1XkdVI




[PR]
by iroha525 | 2014-02-27 09:25 | おでかけ

f0236201_09580762.jpg
星のまたたきが見えるところ。
それは、北海道芦別市。

一日目は移動で疲れて、、、とにかく、温泉!と思い、
予約した芦別温泉(スターライトホテル)の寄宿舎にとまる。

その時の露天風呂が、ガラ~ン(氷点下ならでは?寒いので出るわけない?)
しめしめ!と思い、早速。
貸切常態の露天風呂の周りの岩の上には、1mを優に超える積雪。
だけど、空を見上げたら、ぴかぴかきらきらの星。
『星って、こんなにピカピカしてるんだ~これが、瞬くってことなんだぁー!』
と言いながら、深呼吸しまくる。

約3か月ぶりの安全なお湯の湯船。しかも露天風呂。
ワケわからず、神さま、生かしてくれてありがとう。お地球さま、ありがとう!と
念仏みたいにブツブツ言い続けた時間。

芦別温泉のお湯は、冷泉で沸かしてあるけれど。トロンとした感触。
本当に湯冷めしないって、こういうことなんだ~と。
いつまでも、体がぽかぽかで・・・・・
夜中に地震で飛び起きることもない。
そのままお布団。バッタンキュー(笑)

ただでさえ、早寝早起きする私たちは、朝5時前には目が覚めて、、、
外を見ると、この景色。
まだお月様の時間だったけど。
窓を開けて、顔だけ出したら、ピキン!いい感じ。いい感じ。の引き締まる寒さ。
そこから、6時まで我慢して(笑)
朝風呂!これまた貸切常態♪

ここへ来ると、何より、”肺”呼吸がラク。
朝お布団の中で、呼吸すると本当に、思う。
これが、普通の呼吸だよね。って。
どうしても、頭がクラクラするくらい深呼吸しまくる。
手を洗うにでも、普通の蛇口から出る水で洗える。
塩素もろもろ・・・が入っているけれど、それでも違う。

芦別は、炭鉱が閉鎖されてからというもの人口がどんどん減っていて、、、さらに
意味がある人だけ。のための平成の大合併。。。過疎化が進む。
口々に、
”ここは、何にもない。”
”海の物も獲れないし。”
と本当に、みんな言ってくる。
でも、そのたんびに私は言い返す。
”私が欲しいものは、すべてあるんですー。”
と。
『まだ安全な水、まだ安全な空気、まだ安全な土。』




まだまだまだ、これからこれから。。。。。






[PR]
by iroha525 | 2014-02-26 09:00 | おでかけ

この人は。


f0236201_17514793.jpg


[PR]
by iroha525 | 2014-02-25 17:52 | 気持ち

4号機冷却ファン停止

社会、芸能、スポーツ、海外などニュース速報に加え、エキサイト独自の明日使えるコネタ、びっくりニュースも配信中。







[PR]
by iroha525 | 2014-02-25 13:55 | 気持ち

開拓地にて。


f0236201_10133162.jpg


開拓した土地。
馬と一緒に開拓した土地。
どこまでも山々を開拓し、
どこまでも提供し続けてもらってるということ。

田圃や畑につもった雪の上には、いたるところに動物たちの足跡。
この気持ち、どう伝えればいいの。
大雪原を見れば見るほど、思う。
ここも日本の一部で地球の一部。
でもね、
死んだら、みんな一緒。
じゅんぐり命のひとつ。













[PR]
by iroha525 | 2014-02-25 10:15 | おでかけ

新潟県除雪機甲師団

f0236201_08294401.jpg
 思わず、うぉおーーーーーーーーーーーーー!と言ってしまったので、載せさせていただきます。
あるところには、あるのです。居るところには、居るのです。
という証拠かな。

・・・・・お願いします。。。
日本の底力というか、本当に、ありがとうございます。

・・・・・・・・。
亡くなられた方々に、ご浄福を祈ります。










先日、ある方と話をしたのですが、
観光地は、しっかり除雪されているが、すぐ隣の市の方へ行くと、動けなくなる。
といっていました。
ここも、同じです。
そういうことだなと思いました。

得意の?何年に一度とか言ってましたけれど。
それでも、こんなに被害が出ていることに変わりはなく、
天下の●HKさまは、ニュースで報じもしないー。
だもの、知らない人は、知らずに終わるわけです。

原発が爆発したときに、懲りたのも幻。

必ず、誰かが被害に遭ってしまう。。。この差はいったい何なのでしょう。

いつも、事がきっかけで、予防策を講じるのでしょうが、
そこには、また必ず利権が絡む。
それも、ほんの一部集中的に。
しかも、何の意味があるのかさえも不明な工事や作業。。。。。になったりします。
大概は、そのために予算なんてつけてくれるはずもないです。
そのための、”何年に一度。”という言い訳の言葉なのか?と思ってしまいます。
・・・・・。
そして、また!得意の、仕方ない。で終わるのでしょうか!
何でもかんでも、仕方ない。のでしょうか。



電話中、何度か”中途半端。”という言葉が出て、
またこの言葉と思いました。

中途半端・・・曖昧な感じ・・・見て見ぬふり・・・・・

日本らしさのいい部分であったはずが、
結果、今は、どこまでも利用され続けるばかりです。
そのことすらも、気づかずに終わりたくはない。と思ったのでした。

雪かきの仕方ひとつ、よく知らないかった私。
ほんのちょっとのコツで、楽に雪かきができるようになる。
なんでも自分で調べないとだめだ。ということ、またまた、また!実感しております。
でも・・・・・本当は、
こんな猛毒入りの雪を触りたくない。近づきたくない。というのが本音です。











 

[PR]
by iroha525 | 2014-02-19 08:28 | 気持ち

ももきち。

f0236201_09430571.jpg

雪割草の”ももきち(桃吉兆)” 勝手につけた名前。
今も、ほぼ雪に覆われているけれど、融けたところでは、こうして蕾をのぞかせる。
ゆっくり開き始めたところ、それを見つけるのがたのしい。
ゆっくりでも着実に動いている一瞬。
きゅん。としながら、ご機嫌いかが?と雪が融けたところから挨拶。
まだ雪が融けないところの植物へは、
これから、これから。これから必ず咲くのだー!と嫌でも?言い聞かす。

どの植物も同じように、蕾が見え始めたとき、新芽が動き出した時を
見ーつけた!と言ってしまうときが嬉しい。








雪・・・もうしばらく降るのを待って。と願います。
楽しいことも、嬉しいことも、見つけることができます。
でも、決して忘れてもいません。
どうか良い兆しが見えますよう。
まだ過去にできる話でもありません。
今、現在のことです。








[PR]
by iroha525 | 2014-02-18 10:00 | ベランダっこ



1971年。

私が生まれた年の歌。

初めて知ったのは、中学の時。

朝、学校へ行くとき、聴いてた。目覚まし。にしてた。






どんな日々に在っても

あらゆる瞬間に光があることを

いつも心に留めておいて     ね。





体中に何度もしみこませる言葉。

ありがとう。



必ず。あの場所にどっしり根っこを張れた日に。

晴々とした姿であなたと会いたい。

そして、草ボーボーの庭どう?

と、偉そうに言ってみるの。










北海道の方々は、この本州の大雪をどう見ているのだろう。

どんな災害も何もかも、隠蔽が”憑き物”。
その時の言い訳をどうやって、うまく誤魔化そうかと訓練された人。
災害が起こるたんびに、同じような隠蔽が続くのだろう。

自分の身は、自分で考えて調べて学んで守りなさい。
この国は、そう教えてくれているのだろう。
”わたしは、一切責任を取りませんから。”と教えてくれているのだろう。
昨夜は天ぷら。今宵は、何を召し上がるのだろう。
何が起きても、なんというか見て見ぬふりというか、知ってるのか知らないのか?
そういうことを書いたつもりなのだけど。





はやく救助されますように願います。
・・・・・。


















[PR]
by iroha525 | 2014-02-17 11:11 | 気持ち

風雪。

f0236201_07595305.jpg
 風雪と暴風雪の違いというか、境目を見たい。
しっかりおっきめの雪の塊が飛んでくる。
車の雪下ろしするにも、目を開けてられないくらい。
それでも、雪下ろしをして出勤して行く。
毎年のことだけど。
やっと少し融けたかな?と思うと、また積もる雪。

さすがに、今回の横殴りに降ってるというか、飛んでくる雪には、一瞬たじろぐ。
しかも、東風・・・・・
気合いを入れて、部屋を出る。

この一ヶ月でひと冬分の雪を定期的に毎週降らせるつもりですか?
と、言ってしまったよ。


行ってらっしゃい。
気を付けて。
今日も無事に帰ってきてくれますように。
お願いします。


みなさまも、お気を付け下さいませ。









❅❅❅❅❅❅
[PR]
by iroha525 | 2014-02-15 08:05 | 気持ち