カテゴリ:おでかけ( 110 )

∞八∞

f0236201_04331734.jpg
午前9時半過ぎ。

ものすごい、いいお天気!

でも、車の温度計では、-8℃

見た瞬間に出た言葉は、

『これってー!福島の二月によく見た最低気温!!!ウッソーッ!!!』

なんだろう・・・

この・・・

来たな!来たぞ!来た!来た!って・・・

気温だけで、二つの感情が行ったり来たりしちゃう感覚。

そういえば、ここは真冬日が続いていたらしいけれど、ぉほッ!

とうとう、本物のスットコドッコイ症候群になってきているか?と思いながらも、

数日間でしっかりアイスバーンになった道路を走りました。

そして、途中、こんな植物の姿に車を止めて。。。

f0236201_04332886.jpg
なんとも、ザンネン!な写真ではありますが。

もう、きれいすぎて、しばし見とれちゃいました。

枯れてもまだ、美しいって、本当に素敵。

”本当に、素敵ーーーーーーー!”

と、人っ子一人いないと確認して叫んだ!のでありますが、しかし、

なんだか視線を感じて、振り向き、よーく見たら、もうもうギューさんたちの集団がいらっしゃいました。

・・・・・。

なので、”ごめんなさーい!うるさくして~!”と謝りつつ、その場を後にしたのでありました。



お日さま燦々。けれど、マイナス8℃。自然は着実に凍っておりました。

そして、サラサラ雪は、圧雪状態になってきており、

こうして、日々積み重なった雪があの雪の壁になっていくのだなぁ~と。


まだ、この寒さは、平気よ。わたし(笑)



それよりも、初めて、サングラスを買わなければならないと思いました。

そして、雪やけ。という言葉も実感したのでありました。

なるほど・・・冬は、雪やけです。





[PR]
by iroha525 | 2014-12-09 04:08 | おでかけ

f0236201_12364576.jpg
色々ガチャガチャしていた日中。
それでも、一日中降る雪を、気が付くと見ていて、
どぉーーーしても、どぉーーーしても、どぉーーーしてもっ!
出かけたい衝動がおさまらない。
日が暮れるまであと一時間もない!というのに、
おそやみになったのを見計らって出かけてしまった。。。
ブルーインブルーの世界。

今回の新雪は、どう考えても、片栗粉!の上をあるってるみたいで、飽きない。
[前回、ハフュッフェン・シードくんと共に、ビシャビシャズブズブになってしまったので!
心底喜べている次第であります。(笑)]
キュッキュの音が面白くて・・・
得意の?誰もいないのをいいことに、ジャンプしながら歩き回る一時間。
そして、もちろん!小脇に抱えていたコと一緒にダーイブ!

f0236201_12415993.jpg
一緒になってジャンプした結果です。楽しい雪まみれ!?!?!?に見えないこの写真のセンスはさておきぃ。。。
ハフュッフェン・シードくん、あまりのサラサラ雪に心地よくて限界まで顔を雪にくっつけて動きません。
兎に角気持ち良いのであります。この雪が!
まだ、キーン!となる寒さまでいってないので、全然平気。

f0236201_12450926.jpg
ハフュッフェン・シードくんと何回雪にダイブしたでしょ?
雪が舞い上がるのが見れてとっても素敵なんです。
これが日中だったら、もっと最高だったろうにと思わなくもないのですが。
でも、この体験は大事大事。これから、こんなこと言えなくなるかもしれないのだから。
まだまだ。なのだから、楽しいと感じられること大事にしなければ。
そうぶつぶつ言いながらハフュッフェン・シードくんとダイブしまくり時間を過ごしたのでありました。


本当に、もっといい表現はできないのかと思うのだけど、
どう考えても、いちめんの片栗粉の上を歩いているって感じなのです。
なめらかできめ細かい雪。

木々たちの雪化粧は、本当に美しいです。
舞い上がった雪を見ながら、自然に『ありがとうございます。』
『あぁ・・・神様』って言ってました。
美しいと思う感情を素直に言えることを、ずっと忘れず大事にして生きていけますように。
感謝。




[PR]
by iroha525 | 2014-12-08 13:10 | おでかけ

我が家には、4人のハフュッフェンくんがいるのだけども。



先日、一番最初にやってきてくれたハフュッフェン・シードくんが、

雪が積もった!と喜んで浮かれて雪質を考えなかった家人に連れ出された挙句の果てに

その家人と共に、びしょ濡れのヘロヘロにされて天日干し-の姿にされるだけで、

目的を達成されなかったハフュッフェン・シード君がよほど可哀想だったのか・・・

新しくやってきたハフュッフェン・トリオくんたちが、翌日。

サラサラフカフカ雪を求めて、探険に出発したのでありました。

f0236201_13555426.jpg
途中、何度も雪に埋もれそうになったり、転びながらも、

『サラサラフカフカ雪の上は、転んでもどっこも痛くないんだ!』

と、モヒカン・ハフュッフェンくんはめげません。

雪の上に足跡をつけずに歩くという神技を自慢することもなく、

ひたすら歩くその距離、なんと3000ハフュKm。

そして、ついにアンテナ・ハフュッフェンくんが叫びます。

f0236201_13563809.jpg
『この先に、足跡発見!』と。

体の半分が雪に埋もれつつも仁王立ちのアンテナ・ハフュッフェンくん!

我の逞しさを見たか!とばかりに、『おー!見つけたぞ!』と手を掲げるモヒカン・ハフュッフェンくん!

その二人の様子に安心したのかコテンと寝ころぶスプラウト・ハフュッフェンくん♪

・・・・・三人とも、しばらくそのまま固まって、見つめた先には、こんな足跡。



f0236201_13565824.jpg

さて、これは、誰の足跡なんでしょう。

キタキツネ?エゾシカ?ノウサギ?それとも、それとも、アライグマ?

う~ん・・・・・しかも、一匹じゃなさそうー。

う~ん・・・・・。

その疑問を残したまま、ハフュッフェン・トリオくんたちは、

とうとう疲れてしまって家に戻ってきたのでありました。




ホントに、だれだろう・・・この足跡。

やっと見つけたのに、誰の足跡かわからない。


なんでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!




ハフュッフェン・トリオくんたちは、

考えるたび、本当にクタクタのヘロヘロになってしまいました。

大丈夫でしょっか。


家に帰ってきて、しばらくすると・・・・・・・





大丈夫です!

サラサラフカフカ雪は、濡れることもなく、とっても気持ちよくて、

雪がついてもパンパンすれば、OK!

足跡も、ちゃんと調べればいいだけさ!

って、元気いっぱいです。

さすが逞しいハフュッフェントリオくんたちでありました。

それを横目で見ていた、

干され続けているハフュッフェン・シードくんは、かなりご不満の顔。。。

なので、家人が言っておりました・・・・・

『まだまだまだ、これから、これからよぉおー♪』

ってね。




次回は、旅ではなく、スプラウト・ハフュッフェンくんの活躍と続きます。

たぁ。ぶぅ。う~ん・・・・・



[PR]
by iroha525 | 2014-11-18 15:19 | おでかけ

上金剛山。


f0236201_07445538.jpg
もうすぐ、ここに住んで一ヵ月になるんだなって、なんだか、しみじみ思いながらカーテンを開けた朝。
なんと!そとが、霧で真っ白。

数日前、たまたま通りがかった道すがら見つけた、『上金剛山公園』の看板。
例よって?もちろん、車で、上がってみる。
予想以上の眺めのその場所には、やっぱり!
ヒグマの生息地。があるのも調べて気を付けるのも普通のこと。
味を占めてしまった私は、ウズウズして、主人に頼み込んだのでした。

『すみません!起きてください!、金剛山に行きたいです!お願いします!』

主人も、そこからの眺めには、ご満悦だったので、
はい!きた!どっこい!と、用意を済ませ、いそいそと出かけたのでありました。

案の定、山頂は、真っ白世界からひとつ突き抜けた青空!
でも、まだ日が昇り切れてない・・・待つ・・・ひたすら待つ。
少しずつ太陽の輪郭がはっきりしてくる・・・その瞬間、拝む・・・・・拝み倒す?・・・・・
八百万の神様ー!!!
ちょっとした雲海も見れるかななんて、新参者の思うことなど、ありえませんが、
だけど、とっても、とっても、幻想的で、ひたすら拝み続けてしまったのでありました。


いまは、雪が積もってしまったので、行けない場所。
でも、冬の星空、最高!って思える場所。
夏もきっと、最高に違いない!ちょっとした展望台まである!
ただ、ヒグマさんたちの巣があるから、時々、入山禁止も当たり前として。
夏の夜空、上金剛山から見たら、絶対最高!って思っているのでした。


雪が積もっちゃって行けない場所ができちゃったけど。それでも、また来年には見れることだし。
まだまだ夢半ば!
まだ、夢の地への仮住い。







しかし、きのう本当に、雪の質もいろいろあるもんだと、思い出したかのように、
しみじーーーーーーーーみ。
冬なのに、春雪みたいな、、、ビシャビシャ雪で、すんごいことになって・・・
だから、融けてしまうのでしょうけど。
今の雪は、雪遊びに適しておりません。
びしょ濡れの恥ずかしついでに、ひとつ勉強になりました(笑)
あぁ・・いかん!です。








[PR]
by iroha525 | 2014-11-16 07:30 | おでかけ

黄金水松。

f0236201_07284823.jpg
水松って・・・何松?

とスットコドッコイなことを思いながら、行ってみたら、

巨大な、『いちい』の樹だった。

というか、また、目の前で固まってしまった・・・この姿。


御年1700歳越え。

もうもう、もう、わーーーっ!としか、言いようがない。

さすがに、入れないように柵があるから触れなかったけれど、

まわりには、この樹の子どもたちらしい木々がたくさんあり、

その子どもたちにぶつぶつ言いながら両掌をくっつけさせてもらったのでした。

感謝。

『三本ナラ』に続き、『黄金水松』

なんだか、プルプルしちゃって、とにかく、この樹の周りを何周したことでしょ。

f0236201_07382411.jpg

とにかく、言葉がでないくって、ひたすら、ぐるぐるこの樹の周りを歩いたのでありました。


ぷるぷるって鳥肌が立つ理由が、ちゃんと書いてありました。

なるほどです。


f0236201_07532326.jpg





[PR]
by iroha525 | 2014-11-15 07:30 | おでかけ

三本ナラ。

f0236201_06215298.jpg

三本のミズナラが立っておりました。

手を合わせ両掌をくっつけさせていただきました。

・・・・・感謝。


開拓の際、切られるのを免れたミズナラの樹。

御年422歳越えているらしく、

ここでもまた、保護されている大樹。

だから触れることができたのだけど。

やっぱり、痛々しいくて、涙がでてくる。

そして、足元を見れば、

ここでもまた、大量の、どんぐり。

今年は、本当に、どんぐりが大豊作の年らしい。

本当に、どれだけ、木は樹で、気なんだろう。


・・・・・ごめんなさいね。

でも、また、逢いに来させてくださいね。

お願いします。

と言ってきたのでした。












and then
[PR]
by iroha525 | 2014-11-14 06:20 | おでかけ

f0236201_10210909.jpg
風に乗って大きな綿毛が飛んでくる

・・・のを見つけた瞬間、追いかけていたという。



f0236201_10212254.jpg
ほわほわ綿毛!!!なでなで、すりすり。

”ガガイモ”のタネでありました。

f0236201_10371163.jpg
綿毛が広がる前の状態。
この種の大きさ5mmくらいあって大きめ。ほわほわ部分がちっさな筆みたい。
このほわほわ綿毛のさわり心地ったら、最高。
あ。よく見れば、イネ科のタネも発見♪ススキかな?

f0236201_10381477.jpg

おっきなアザミさん。この大きさ、ちょっとだけ御殿場口の五合目にいるアザミと似てる!元気かな・・・フジアザミ。
このアザミは、『千島アザミ』というそうな♪
f0236201_10341806.jpg
かと思えば、こんな韮のたねコたちも。

f0236201_10390564.jpg
北海道では、どこにでもいる?ノラニンジン。
f0236201_10392268.jpg
はい。
ゲンノショウコ。
この葉っぱの色の素敵さったらー♪
何回見ても、大好き!日本のゲラニウム代表♪♪♪
北海道のゲンノショウコも、花色は、白!でした^^

それから、『ヤロウ』こと、西洋ノコギリソウたちも野生化してたー。
風邪の季節にヤロウティー!?!?

結局、種を見つけたりしながら二時間位歩きまくってしまったー。
植物、触りたい放題!
種、見つけたい放題!
見つけるやいなや、その場に固まり、うなりたい放題!


f0236201_10304873.jpg
そらち川の・・・
二本ある橋のうちの一つ、吊り橋の上から。

散歩コースが決まりつつあるなか・・・空を眺めて手を合わせたのでした。







[PR]
by iroha525 | 2014-11-07 10:45 | おでかけ

雪のち青天。

f0236201_10101886.jpg
富良野に用事があって。。。
芦別から38号線をどんどこ進めば進むほどに雪の量が変わってきて、
大きな除雪車とすれ違ったときには、
ヒャーーーーーーーーーーーーーーーーー!?!?!?!?と言ってしまった。
新たな恐怖?というか、すんごい迫力で・・・ばふーっと煽り風に揺れる車からして、バクバク。。。はぁ。
さらに、トドメ?的というか、何度もとおっている近道を通ったならば、除雪しておらず・・・
ダンプしか通らないその道は、雪でできた轍が半端ない。
とにかく、雪自体はまだまだ序の口なれど、こちらの方の”つう”な走りに、唖然。
結局、ドキドキバクバクが止まらないまま、写真もこれ一枚。
どうぞ、笑っておくんなましー。
というか、富良野市内に入った途端、
一面真っ白な田圃や畑にダイブしてらっしゃる車を立て続けに見てしまい、
うっそーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん!
なんでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
どしてーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
という、恐怖に駆られたのでありました。
わたしも、本当に気をつけなければ。
うーんといっぱい、肝に銘じました。

というのが、一昨日の話。

で、昨日。

打って変って、本当に雲一つない青空で、雪が積もったことなど忘れてしまったの?
というくらいあったかくてポカポカ。すっかり雪も融けちゃってぇー。

このお天気の変化、いちいち、ほぉー!と言ってしまう。
そして、あったかいと言えば、散歩。
ということで、山際のほうまで車で行って、そこからすたこらすたすたと。
歩いていたら、、、
これまた!なんとも残念な写真でありますが、載せてしまえー(記念ということでお許しを)

f0236201_10212109.jpg
一応、エゾシカがいるのですが、、、あんまりにも興奮しすぎて、あぁあーーー。

ポカポカ陽気だったので、本気の?日向ぼっこ状態のエゾシカ。
初のエゾシカ!枯草の色と同化しているシカを目ざとく見つけて
”ぉおーーーーー!” ”シカーーー!でったーーーーーん!”

当の本シカ、ヌボー状態。
”最近、越してきたの、よろしくね!”
なぁんて挨拶しても、完全無視の、フフンのフン!っという感じ。
地元の方々からしたら、賢いシカに困っているから、
”コノーーーッ!”って勢いかもしれないけれど。

ホントに、何とか共存できる方法はないものか・・・・・

というより、まだ見つけてないけれど、北海道は、アライグマの被害も大きくなっている!
ペットショップから10匹脱走したアライグマ、ただ今、人口を上回る勢いで増え続けてるという。
でも、一位は、やっぱり、鹿。なのだけど・・・



本格寒さは、まだまだまだ。
今のところ、日が差せば、ぽかぽかぬくぬく。お日さまの光が気持ちいい。
さらに、両掌を万歳しながら思い切り深呼吸するのが、ありがたくて仕舞に拝んでいるという。
本当に、ありがたい・・・。


ということで、ここ二日の経過記録でありました。




[PR]
by iroha525 | 2014-11-06 11:06 | おでかけ

感謝の時間 1.

f0236201_09294281.jpg
フカフカ落ち葉の上を歩く幸せ。

シーズンオフで、観光客もまばら。人目を気にせず、わざわざカサカサ音を立てて歩く。

ふぅーーーーーー。
f0236201_09300460.jpg

美味しいコーヒーと。

すべてリッチすぎて私には、ちょっと似合わない感じ?のケーキを初めて食べてみた。

やっぱり、似合わない。私にはあんまりにも高級すぎた(笑)

次回は、コーヒーだけでいいかな。

といっても、もうすぐ雪の季節で春まで閉店。

んんん・・・・・



お店の中から見る景色は、風が吹くと一斉に葉っぱたちが舞う大劇場みたい。

ありがとうございます。と言い続けた時間。



あのドラマを見てきた人は、カウンターに座り、がりがりとコーヒー豆を自分で挽いていた・・・




[PR]
by iroha525 | 2014-10-27 09:38 | おでかけ

固唾を呑んで・・・

f0236201_12503897.jpg
すでに、落葉が進みまくっているココ。
北風ピープーと思いきや、ポカポカ陽気になった今日。
どうしても、うずうずそわそわ、、、
家を出てから駅前をぐるっと一周散歩に出かける。

坂道がないからスススのスーでどんどこ歩けちゃう。
きょうは、おっきなゲラニウムのカブを見つけて、ぴょんぴょんしてしまった。
たっまらん!ゲラニウム♪♪♪葉っぱも紅葉して、とってもきれい!きゃぁー♡
(と思うのも、、、”今のうちー!”
ことあるごとに、『ココの冬は寒いぞー!雪がすごいぞー!』と
みんなに念押しされていて、
すぐに、『冬は気をつけよう』という言葉が頭をよぎりつつ…)

風もつめたくなくて、街路樹の銀杏の葉っぱが舞う~なんて、
そんな流暢なことを言ってる場合ではなく、
けっこうな強風で直撃してくる勢いの葉っぱたちの中、40分くらい歩いていたら、
『コーヒー飲みたい。』と、ボソッという主人。

ならばと、気になっていた喫茶店に向かって方向転換&猪突猛進。すぐに到着!
入口のところで、よく見たら朝8時半から開いているという!
よかったよかった。
カランコロンの音が鳴るドアを開けると、ぽかぽか店内。奥のカウンターに、
渋くって優しそうなマスターさんが、これまた、優しい声で、いらっしゃい!とな。
二人して、コーヒーとモーニングセット。を注文。
出てきたのはサイフォンで淹れてくれたコーヒー・・・おぅ~♪
思わず、
『あはぁ~久方ぶりのサイフォンのだー♪♪♪』
なぁ~んって言ってしまったものだから、、、
『道内の人じゃないよね?内地の人?』
と、イントネーションでバレた。
主人は、声を出さずに大笑い・・・・どうなのよ、わたし。
まぁ、いいっか♪四国の時とおんなじだぁ~。。。
どんだけナマッテルンダーーーッ。ぅうー!もぉー!

・・・・・。
猫を千匹かぶっても意味はない。
素のままが一番♪
と開き直るのも、最近、より早くなってしまった。
いいことだ!(笑)


モーニングのセットは、とてもとても良心的なお値段ですんごくおいしい。
名古屋みたいー!って、行ったことないけど、そんな感じ。
何よりコーヒーは、おかわりをしてしまったー。
主人は、店を出る前から、来週も来ようと言いはじめる。
気が早過ぎだろう!と思いつつ、
こりゃ、いいぞ!主人も気に入った!わたしも気兼ねなく来れる♪とな。


ようやく、片づけやお役所まわりなど終わりに近づいてきた。

あとは、本格的な冬に備えて、心の準備を続けよう?
というか、みんながみんな言ってくるから、気を付けるのは、当たり前としても、
興味のほうが大きくなってしまった。
どんだけすごい寒さで、どんだけすごい雪の量なのか、

みなさまも、固唾をのんで見守ってくださいませ。







[PR]
by iroha525 | 2014-10-26 14:14 | おでかけ