2014年 11月 18日 ( 1 )

我が家には、4人のハフュッフェンくんがいるのだけども。



先日、一番最初にやってきてくれたハフュッフェン・シードくんが、

雪が積もった!と喜んで浮かれて雪質を考えなかった家人に連れ出された挙句の果てに

その家人と共に、びしょ濡れのヘロヘロにされて天日干し-の姿にされるだけで、

目的を達成されなかったハフュッフェン・シード君がよほど可哀想だったのか・・・

新しくやってきたハフュッフェン・トリオくんたちが、翌日。

サラサラフカフカ雪を求めて、探険に出発したのでありました。

f0236201_13555426.jpg
途中、何度も雪に埋もれそうになったり、転びながらも、

『サラサラフカフカ雪の上は、転んでもどっこも痛くないんだ!』

と、モヒカン・ハフュッフェンくんはめげません。

雪の上に足跡をつけずに歩くという神技を自慢することもなく、

ひたすら歩くその距離、なんと3000ハフュKm。

そして、ついにアンテナ・ハフュッフェンくんが叫びます。

f0236201_13563809.jpg
『この先に、足跡発見!』と。

体の半分が雪に埋もれつつも仁王立ちのアンテナ・ハフュッフェンくん!

我の逞しさを見たか!とばかりに、『おー!見つけたぞ!』と手を掲げるモヒカン・ハフュッフェンくん!

その二人の様子に安心したのかコテンと寝ころぶスプラウト・ハフュッフェンくん♪

・・・・・三人とも、しばらくそのまま固まって、見つめた先には、こんな足跡。



f0236201_13565824.jpg

さて、これは、誰の足跡なんでしょう。

キタキツネ?エゾシカ?ノウサギ?それとも、それとも、アライグマ?

う~ん・・・・・しかも、一匹じゃなさそうー。

う~ん・・・・・。

その疑問を残したまま、ハフュッフェン・トリオくんたちは、

とうとう疲れてしまって家に戻ってきたのでありました。




ホントに、だれだろう・・・この足跡。

やっと見つけたのに、誰の足跡かわからない。


なんでーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!




ハフュッフェン・トリオくんたちは、

考えるたび、本当にクタクタのヘロヘロになってしまいました。

大丈夫でしょっか。


家に帰ってきて、しばらくすると・・・・・・・





大丈夫です!

サラサラフカフカ雪は、濡れることもなく、とっても気持ちよくて、

雪がついてもパンパンすれば、OK!

足跡も、ちゃんと調べればいいだけさ!

って、元気いっぱいです。

さすが逞しいハフュッフェントリオくんたちでありました。

それを横目で見ていた、

干され続けているハフュッフェン・シードくんは、かなりご不満の顔。。。

なので、家人が言っておりました・・・・・

『まだまだまだ、これから、これからよぉおー♪』

ってね。




次回は、旅ではなく、スプラウト・ハフュッフェンくんの活躍と続きます。

たぁ。ぶぅ。う~ん・・・・・



[PR]
by iroha525 | 2014-11-18 15:19 | おでかけ