18年目。

結婚して、きょうで18年目に突入。

お祝いも兼ねて?

元気だったころ毎年行っていた義父ちゃんの代理として、

義父ちゃんの一番上のお姉さん、

おばちゃんに会いに帯広に行ってきた。

びっくりしたー!95歳だった!!!



主人は26年ぶり。

わたしは、はじめまして。


寝たきりで、口もきけなくなってしまってるけれど。

それでも、私たちのいうことがわかるから、

何とか笑わせてしまえーという、いつもの私の訛り言葉でべらべらしゃべってきた。

ちょうど体調がいい日だったらしく、ニコニコしてくれて、ホッ。



おばちゃんの最初のご主人は、特攻隊で空に散っていった。

二番目のご主人さんも、先に逝ってしまった。

子どもがいないおばちゃんは、ひとりで生きてきたけれど、それでも、

まわりに特攻隊仲間の家族が居て支え合って生きてきた。

北海道の人たちは、基本、本物の義理人情の塊の人が多い。

でも、しっかり一線をひいて付き合ってくれる。。。心地いい・・・・・

明治から続く・・・のと土地柄なんだろうなと。




そのおひと方に、戦争の話も、たくさん伺うことができた。

軍隊や慰安婦の話もした。

結果、一番悪いのは、軍隊でも慰安婦の方々でもなく、その上!

命令を出すだけで、自分は、ぬくぬくとした部屋で食べるものにも困らず、

ぬけぬけと生きている。右も左も関係ない。


上が、バカだと、下が苦労する・・・も何も、命を盗られる。ということに変わりない。

まったくもって、ばかばかしい!


十勝平野の広々とした大地と空を見ていると、本当に、ばかばかしくて、

悔しくて、悔しすぎて、笑ってしまう。



なにやってるの?



って。






カメラを持って行ったけれど、結局・・・撮る暇がなかったー

でも、また、おばちゃんに会いに行くから、その時は撮れるかもしれない…かなぁ。




本当に、おかしすぎるよ、日本。

あはれすぎるよ、日本。



そう、潮時。

とくに、あの人たちは、やめていただいて、フクイチで働いてもらいたい。





ということで、お祝いというより???

天国の義父ちゃんの代理で帯広のおばちゃんに会いに行ってー

さらに、戦争の話を聞けたという。

有り難い時間を頂いたこの週末でありました。

なんだか、いろいろ帯広の名産?だとか言われても、

食べるものがある。ということだけで、幸せなので、それ以上は、もういいかなと。

そんな感じでありました。






あぁ・・・・・

どうか、どうか、北海道の農薬使用率が減りますように!!!!!









[PR]
by iroha525 | 2014-11-30 16:39 | 気持ち