ツクラレタ。

f0236201_822495.jpg
植物たちや虫たちが、動きはじめたり
そろそろかな。とその時を待っている時間になると
どうしても、この写真を見たくなる。

もう、二度と入れなくなってしまった場所。
双葉バラ園での一枚。

ここには、私が大好きなバラの原種がそろっていて、
その葉っぱや蕾を見ただけでワクワクする場所。
今は、ある意味、壊滅的な姿になってしまったであろう場所。
でも、原種ならば、必ず生き残っているはず。と思いを馳せる。
滅茶苦茶な放射能汚染に耐えながらも、
もともとの原風景に戻りつつある。きっと何億年後には。と思いながら。

品種改良と遺伝子組み換え
それは、人のためにツクラレタ。
さらには、●●削減のためにツクラレタ。

ある時、ありえない色のバラがツクラレタ。
自然交配でもなければ、品種改良からの領域を超えた、それこそ遺伝子組み換えで。
一瞬、喜んだのにもかかわらず、気持ち悪くて吐いてしまった新聞記事。
ありえないことができる。にも、ほどがある・・・・・
そりゃ、なんでもありの世の中になるはずだ。って思った10年以上前の出来事。

そして、ますます現実を叩きつけられる今。
ツクラレタ精神的戦いから、肉体的なツクラレタ病に負けないよう。
・・・・・まだ始まったばかり。



今朝、主人との会話。
主人:きょうは、バレンタインデーだよ。
私:バレンタインデーも、●●もあるかー!
主人:そんなもんに、興味はないって?
私:その通り。ツクラレタそんなもんより大事なことがあるー!
主人:・・・そうだなぁ・・・仕事行ってきます。
私:今日も、怪我をしないよう、気を付けて。無事に帰ってきてください。
  ・・・・・お願いします。




わたしは、、もっとワクワクして楽しいことは”別”にある。と知り始めた。
















遠隔対称性の原理。
[PR]
by iroha525 | 2014-02-14 10:00 | 気持ち