新月。(追加)

もうすぐ、9時22分。新月。
お月様が、また新しく産まれる^^
太陽は?
今の時期、優しく深くなったけど、やっぱりちょっとまぶしい。

f0236201_09044172.jpg

・・・・・息を整えて、下を向くと
どんどん赤くなって土にもどる順番待ち?ゲラニウムの葉っぱ。
このゲラニウムは、冬、完全に地上部がなくならないタイプ。
長く楽しめる葉っぱ。うれしい。
だけど・・・最後には茶色の葉っぱになりながら、真ん中の芯の若芽を守り、
来春、土に返る・・・

f0236201_09051715.jpg

横の棚を見ると

ダマスケナ♪植物を迎えるのをやめていたけれど、どうしても・・・
と迎えた今年の早春。どうしようもない久方ぶりぶり。の煩悩に負けました。
花の香りは、やっぱり文句なしの女王様でありました。
そして葉っぱは、こんな感じ。
実家の庭に植える予定だけど、、、
ものすご~く、惜しいーーーーーーー(笑)
んんんーーーーーーーーー!
悔しいーーーーーーーーーーー!

f0236201_09050074.jpg


最後は、原種水仙のバルボコ。
二輪目が咲いたら、最初の一輪が・・・・・
あぁ・・・杏仁豆腐!
分かっているけれど、この順繰り順繰りが好きなのだけど。
醍醐味なのだけど。
自然界に居るものならば、当たり前のことなのだろうけれど。
勘違いするんじゃないの♪と、また言われた気分。
私たちの仲間みたいに何千年も生きれないくせに!って。

f0236201_09052883.jpg


さぁて。お天気がいいです。
家事の続きしないと。



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

新月の日には、生まれ変わる・・・
生まれなおせる・・・
生きなおせる・・・
毎回そんなことを思うのでした。

昔の人は、
新月の日に植物の種を蒔いたそうです。
わたしも、このことを知った時から、そうしていました。
さらに、一粒万倍日と重なれば、うきうきしながら。
その日に合わせて、今の時期だったら、バラの種を蒔いていました。
ここでは、もう適わないし叶わない植物の種まき。
新たな地で、生まれなおせる日に。
生きなおせる日に、またバラの種を。
植物の種を蒔き始める。
そう決めたのでした。












[PR]
by iroha525 | 2013-12-03 09:22 | 気持ち