荒れ狂う日。

朝5時1分。

震度3.

久しぶりに長い地震。

たたき起こされた感。

体の震えが止まらないままPCを開ける。




こちら、嵐がどんどん迫ってきています。

呼び方が違うだけではないの。と思うような強風。

やっと咲き始めた桜たちが、強風にあおられてしなる。

うちのバラの新芽たちも、びゅうびゅう風にあおられまくって。

今朝、見つけた、エルモサの蕾。大丈夫でありますように。


この強い風がやんだら、雨も強く降るんだって。

まるで、今の日本を表しているのかって思うくらい強烈なお天気。



だけど。

嵐の日には、嵐の後のことを想像しよう。

嵐が去って、植物たちの表情もきっと、ほっとしているだろうと想像しよう。

さらに、この嵐で浄化されることもあると、想像しよう。

どんなに心配しても、適わないのだから。

適わない。




どうか、最小限の被害で終わりますように。




いま、あめが、ふってきました。
[PR]
by iroha525 | 2013-04-06 17:30 | 気持ち