なんだか、とっても、おひっさまさま。

f0236201_822495.jpg



きのうは、一日強風。時々、吹雪。

積りはしなかったものの。

今朝は、しっかり、寒風のおかげで、窓がカチンコチン。

それでも、お日様がでたので、

いざ!家事ノルマ!

なのに、少しでも、待ち時間があると、こうしてひまじん。

ベランダを覗くと、

雪割草が、咲きそうなのだけど。

咲けない。

今日は、光 燦々浴びれそうなので、ちょっとは動けるかな。。。

この時期、雪割草の咲くのを待つのも通年行事の一つになったこと。感謝。

寒さの中で、本当に、ゆーーーーーーーーーーーーーーーーーーっくりと展開。

ももきち。ももこう。むらさきのきみ。あと誰だっけ?

うちのいとおしいコたちの名前。

ありゃ!出てこないーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!

悔しい。

自分で溺愛して、うちだけの名前!と決めたのに。つけたのに!

ぽつんと出てこなくなる株があるという。

そのうち思い出すにしても。

わたしの溺愛度?は、こんなものかと思うのだけど。

やっぱり、溺愛は、溺愛。

ぶふぉ・・・・・。






さらに最近、夢にまで出てくる、、、この写真。 なにわいばら の姿。

何の樹に絡まってたんだっけなぁ・・・

なにわいばらの 元気さに唖然としながらも。

蜜集めに必死なだるま蜂たちのぶんぶん音に、ちょっとびくびくしながらも、

でも、その蜂のぷりっぷりのかわいさに、にんまりしてしまったりして。

この木の下で、見上げたものです。

野ばらの小径があったりして・・・そこに咲いてたんですよね。

転勤して、戻ってくると、真っ先に行ってたなぁ。早起きして。

開花時期は、早くから開園してくれたんだもの♪

行くたんびにどんどん素敵なバラ園になってきていたのに。

早朝のバラたちの香り、、、

映像とともに蘇ります。

今更だけど。

もう立ち入ることができなくなってしまったバラ園。

だれにも見てもらえなくなってしまったバラたち。

だけど、絶対忘れない。

いつか、

いつか、

いつか。

ここのバラ園のおじちゃん、おばちゃん、元気だろうか・・・

新しい生活をしているんだろうか・・・・・

どうか、生きて新しい生活をしていますように。


お日様向けて、祈ります。



ここではない場所で、

土いじりができる日を夢見よう。

冬は春を迎えるためにあるんですもんね。

しっかり準備続ける!
[PR]
by iroha525 | 2013-02-20 08:39 | 気持ち