薄伽梵の梵。

薄伽梵。

その、梵の一文字が入った本を見つけて、

うわあ!

と思って、レジに向かって、いま、手元に。

しかも、園芸コーナーで見つけるという。。。

前にも、このパターンがあったなぁ。

店員さんが直す前だった。という感じ???

そもそも、どんなお店も、

人の行動を計算されて並べられているのだろうけれど。

まさに、誘導されているのだろうけれど。

わたしも、その計算された行動パターンを

すんなり歩かされているのかと思うと、

けっこう、悔しかったりして。(なんだそりゃ)



だれかさんが、

あ。

と思って、手に取ってみたものの、

やっぱり、いいやぁ~と思って、その場に置いたの?

いつもならば、

ちゃんと、元に戻してよ!

まったく!

と思うものを、

これも、何かのご縁!!!なんてー

ものすごい幸運とすら思ってしまったのでありました。

梵我一如

という・・・



考えすぎて、堂々巡りの時は、こういう本の方が頭に入る感じ。

大半をすぐ忘れてしまうにしても(笑)

古事記も読みなおしたら、

最初に生まれた子は、様子がおかしいので、船にのせて

海に流し捨てた。という・・・

神さまが?という・・・

複雑・・・本当の本当は、どういう意味で、様子がおかしかったのか・・・・・




こういう宗教関係の本は、

結局、同じようなことが書いてある場合がほとんどだった今まで。

この本も、そうかもしれないと思いつつ。

とりあえず、読んでみたくなった気持ちを素直に。

これから、読もうと思います。



こちら、強風雪。

積りはしないかなぁ?

いや、どうだろう。

でも、まだまだ冬。



きっと、

あなたは、おいおい。と言ってるかも。。。。。
[PR]
by iroha525 | 2013-02-19 11:00 | 気持ち