一粒万倍日

f0236201_1022653.jpg


もうすぐ、新月。

そして、

一粒万倍日。



ある本を読んで知ったのですが、


昔の人は、新月の日に種を蒔いたという。

発芽率があがるからだという。


本当に、昔の人は。。。。。

自然に合わせて生きるためにも

育てて食べていく方法を

どんな思いで見つけたんだろう。




植物は

長い長い月日をかけて本当にすごい進化をしながら

地面に種を落とし続けています。

風や虫を味方につけて^^

火までも^^

もしくは、自分で、ぱちん!と鞘をはじかせてみたりして。

そんなことを考えていると

どうしても、新月の間近は、そわそわして、、、

何か一つでも、種を蒔きたくなるんです。

おかしいですね。



もちろん、今の時期だと、部屋の中でです。

日照、気温、発芽までの日数を算数できないなりに、計算して、

種を蒔きたい(笑)

分らない時は、自分の感覚を試す感じで。

何もない時代は、まさに感。ですもんね^^

頭でっかちも、ある時からやめました^^

何事も、実感せずには、覚えませんものね。

まねぶ からの まなぶ

なのですよね?




双葉が出てくるまでの待っている時間。

双葉が、ちらっと出て おてんとさま の光を浴びて

ぴん!ぱりっ!と、広がったところ。

本当に美しくて、かわいくて、楽しいくって、うれしいくって、

私には、たまらない喜び。

ちゃんとわかって伸びてくる芽

もっと、ちゃんと見よう。。。

見たい!



んんん・・・・・

種まきしたい♪

初めて自分の庭を持った友が、送ってくれた種。

毎日、

ここは、まだ早いのよね~と、表を見たり裏を見たり。

種の入った袋。

どっぷりつかっている本のシオリにしているという。。。。。

どうなんでしょ?





きょうも、こころだけは、平穏で過ごせますように。

短気は、損気!

短気は、損気(笑)

・・・・・。




『 いい意味での一粒万倍日になりますように。 』
[PR]
by iroha525 | 2012-02-21 11:11 | 気持ち