風呂敷包み一つ。

f0236201_10454578.jpg


静かな午前中です。

空はどんより。

雨は降ったりやんだり。


人は、無音の中には、そう長く居れない。

近くの高速からの音、電車の音、少しく・・・

小鳥の声や、ちょっと微妙ですが、カラスの声が聞こえる静けさです。

申し訳ないけれど、カラスがすごく騒ぐとあまり。。。

怖いんですよね。。。

飛び方とか、鳴き方とか、気になってしまいます。。。。。



ある日から、

テレビをほとんど見なくなって、ちょっと気が楽になりました。

特にニュースは、がっかりしなくて済むからです。

申し訳ないですが、本音です。

もうあのようなニュースや報道番組には、耐えられません。

ネットの社会での、興味がなければ、見なければいい。

そのことと一緒の感覚です。



でも、偏りすぎてもいけない。

なので、本当に必要な情報かどうなのか、それを見極める力をつけること。

そうも思います。

なんでも、そうだと思いますが。

無理をしてでも、すぐに合わせようとしてしまうところがあった私は、

あえて、自分への戒めとして、書いています。



つい先月、40歳になったとここで書いたのですが、

35を過ぎたころから風呂敷包み一つの財産。にあこがれるようになってきました。

江戸の時代の人々は、火事などでそういう状況になったのもわかります。

そういう世の中。。。

今は、どんな世の中なんでしょう。。。

あまりにも中身がない自分にがっくりとしてしまいます。


人生80年の話は・・・・・・・。

もともと遺伝子的にも、自分はそんなに生きないと思ってはいるのですが。

こればかりは、寿命です。わかりません。

でも、人の寿命は、その人間一人一人の細胞が決めることであってほしいですね。。。。。

利権に絡んだ(偉い)人たちによって決められたくはないです。

今回のことでも、本当に思います。


風呂敷包み一つの財産になるように。

先ずは、食器類と本。

少しずつ。でも、決めたら、すぐに!

私の大事なものの選択を。

これからの10年。

50歳になる年に生きていれたなら、心がすっきりした生活をしていたいものです。

いまある植物を大事にし、自然を大事にし、命を大事にし。

そして、家族を大事にする。

でも、

生活は、最低限。

さて、どこまでできるか、挑戦してみたいと思います。








一日も早く福島原発からの放射能、物質が飛ぶのが止まりますように。

これ以上、海に流れませんように。

一日も早く、原発がなくなる日が来ますように。
[PR]
by iroha525 | 2011-06-13 11:00 | 気持ち