茶の木、ミニシーリク、ひめひおうぎ。

f0236201_8383113.jpg


お茶の木 と ニグリカンス(ゲラニウム)

どうして、こんなところに?

一度失敗したお茶の木の種まき。

今年こそ!

と思って、もう一度蒔いたのです。去年の暮れに。

肝心のほうは、まだ、殻が割れたばかり。

先日、載せた、、、http://gensyu.exblog.jp/15993689/

ニグリカンスの鉢の空いているところに、埋めたのでした。

最初に発芽し、今朝の姿です。

5つの種のうち、ただ今、三個。殻が割れて一つがこの状態。

もう二つは、まだ土の中。ほじらないと見えない。。。

大量生産も何も、うちでほんの少しお茶が飲めたら、それでいいので、

生産農家さんたちのように、20~30年ごとに代替えも必要がないです。

100年生きていてくれるかな?

生きてね!お願い!!!

日本のお茶、お茶農家さん、本当にごめんなさい。

こんな道楽を。。。





f0236201_844656.jpg


順繰り順繰り咲進んでいる・・・クレマチス ミニシーリク。

花が小ぶりで、蔓も本当に短く、鉢植えには、最適と思いました。


咲き進めば、咲進むほど、なんだか懐かしい印象を持ってしまう花です。

どこか、昔のいい時代だったころ?そんな印象です。

着物の柄。のような・・・・・



あの日、久しぶりに行ったHCで迎えたのでした。

その帰り道、橋の上で一緒に・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

これからも、ずっとみんな一緒にいようね。

生きようね。

生きないとね。




f0236201_858457.jpg


みたび。

ひめひおうぎ。

今度は、白にあわい紅。

ちょっと調べたら、3~4種類の花色があるのですね。

ホッとしてしまいました。


最初に咲いたのが、この色だったので、いつもは朱色なのでしょうけれど

うちには、この色もあり。と思ってしまいます。

かわいいいちりんです。













今日も、現場での作業をありがとうございます。

祈っております。
[PR]
by iroha525 | 2011-06-03 09:55 | 気持ち