間違いたくない間違い。

f0236201_06050975.jpg
ここに住んでまだ二ヵ月しか経ってないけれど。

住んで一ヵ月すぎないうちから、雪が降り除雪車が走る。

なぜか、そのたびに、”除雪”ではなく”除染”と出そうになって固まる。

除染で放射能で、本当に、つらくて、こわくて、かなしくて、くるしくて、

それだけじゃない!日々の地鳴り、家鳴り、耳鳴り、地震への恐怖。。。


発狂してた・・・





その時の、言葉が出てしまう・・・この悔しさ。

間違いたくないのに出てしまう言葉。



ここに来てから、気休めのマスクも要らない。素手で土も植物も触れるようになった。

水道の蛇口から出る水も、放射能入りではない。

そういう一つ一つが、ありがたく、大事に大事に使わせていただく。

そして、地鳴り、家鳴りも消えた。

もっと感謝しなければ。

当たり前のことを、当たり前にできるようになったことを。

普通というのは、こういうことなんだということを。

それを、気付かせていただく日々を。

・・・・・。


福島県民は、どれだけ人間扱いされてないんだーーーーーーーーーーーーー!!!



全身に電気が走る怒りは、いまだに増え続ける・・・・・。



表裏一体というけれど。

表では、医療関係の機材を作り、原発を作った会社。

人工衛星を作りながら、戦車や武器を作って、次世代産業!とか言ってる会社。

化学工場と言いながら、世界に二カ所しかない劣化ウラン弾を作っている会社。

大量のダイオキシン入りだけでなく放射能入りの肥料と、

ヨーロッパでは使用禁止の農薬を同時につくっている会社。

自分で作った借金を国民にまた転化する総理大臣。銀行家もしかり。

真っ当に投票しようとするも、ムサシさんを巧みに利用し、意味がない選挙。

ムサシさんって・・・いつから、こんなに有名になったんでしょ?

ドリル小渕?ドリル優子???より、有名。





そんなことを思いながら、

雪の結晶を撮ろうとすると、何度撮っても、ピントが合わない。

これも、素直な自分の気持ちとして。載せます。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

きょうは、冬至ですね・・・・・

ちょっと調べたら、19年に一度の特別な冬至。

「朔旦冬至」というのですね。


自然栽培のありがたいカボチャを煮ようと思います。


生きてるー。

本当にありがたい。

もっと自然に、自然栽培農家さんに、感謝しよう。

こんなに与えてくれるのだもの。












[PR]
# by iroha525 | 2014-12-22 06:16 | 気持ち